FXのポジションとロング・ショート

このエントリーをはてなブックマークに追加

FXにおいて基本となる「ポジション」、「ロング」、「ショート」について説明します。

FXとは?の項でも少し触れましたが、FXでは外貨を買う取引、そして外貨を売って買い戻すという逆の取引があります。

ロングは買い、ショートは売り

「ロング = 買い」を意味しており、「ショート = 売り」を意味していますが、ここで言うショートとは、ロング(買い)によって得た利益を利益確定すると言った「決済」の意味ではなく、売りから入る取引のことを言います。

外貨を買っている状態(ロング)や、外貨を売っている状態(ショート)のことをポジションと言い、ロングポジション、ショートポジションと言うような使われ方をする場合が多いです。

また、どちらのポジションも持っていない状態、つまりすべて現金化して投資を行っていない状態のことをノーポジション状態と言います。

例を上げると、米ドル円(USD/JPY)取引の場合、ロングポジションは円安になれば利益となり、円高になると損失となる。スワップポイントとして金利を受け取ることができる。

ショートポジションは、円高になれば利益となり、円安になれば損失となる。マイナススワップとなり、スワップ金利を支払わなければならない。

と覚えておくとよいでしょう。

注意すべき点としては、通常は上記に当てはまる場合がほとんどですが、対象となる通貨ペアの政策金利差が逆転した場合、ロングの場合にスワップ金利を支払い、ショートの場合にスワップ金利を受け取る現象が起こる場合があります。

関連リンク

不動産投信
J-REIT(不動産投信)の詳細データと初心者入門。上場不動産投資信託の利回りは4%~6%と非常に高く設定されています。

バイナリーオプション比較
究極の2択で勝負するバイナリーオプション(High Low)は、大切なお金を使って投資しますが、公式サイトのデータだけでは判断できない部分が山ほどあります。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

FXブロードネットさんとタイアップ中です。
スプレッド0.3銭の人気FX業者さんとタイアップしています。

当サイトからの口座開設+入金確認で、定番の投資本『ゾーン』(3000円相当)の全員プレゼントを行っています。(口座開設や手数料は無料)

FXトレーディングシステムズ
DMM.com証券