ジョージ・ソロスの生い立ちと現在の資産、年収

このエントリーをはてなブックマークに追加

演説するジョージソロス

ジョージ・ソロス(George Soros)は、1930年にハンガリーで生まれたユダヤ人であり、著名な投資家の一人です。

もしかすると世界で一番有名な投資家は、ジョージソロスなのかもしれません。

同じく著名投資家のウォーレン・バフェットと比較すると、ソロスの方が投機家というイメージが強いと思います。

世界の富豪に関するニュースでも、マイクロソフト創始者のビル・ゲイツやバフェットと共に名前が挙がることの多い人物です。

ジョージ・ソロスの生い立ち

ジョージ・ソロスは、大学を卒業後にサラリーマンとなり、金融の分野に魅力は感じていたものの、平凡な人生を送っていました。
大卒後は宝飾品販売会社へ勤めて宝石を売って生計を立てていたので、決して今のような資産家ではありませんでした。

偉大な投資家、ジョージ ソロスにも下積み時代があったわけですね、営業成績などもやはり良かったのでしょうか。

宝石売りながら普通の人生を送っていたジョージソロスでしたが、次第に資産を築く為に金融の分野に進み、やはり金融界で働きたいという気持ちが大きくなり、アメリカ経済の中心地となるウォール街で働くことに決めました。
まさにジョージ・ソロスは何かに導かれるようにウォール街に身を置いたということになります。

ここで後にジョージソロスとタッグを組むジム・ロジャーズの話を少ししておきます。
ジム・ロジャーズは、ソロスと肩を並べるくらいの著名な投資家なのです。

ロジャーズは大学を卒業してからアメリカ陸軍に所属して働いていましたが、ジムロジャーズもまた資産を築く為、ウォール街に身を置くようになりました。

アメリカの投資銀行にArnhold & S. Bleichroederという名前の銀行があり、ジム・ロジャーズはそのArnhold & S.Bleichroederという所で見習いアナリストとして働いている時にジョージ・ソロスと出会います。

2人の投資家ジョージ・ソロスとジム・ロジャーズは意気投合し、1969年ソロスとロジャーズが立ち上げたのがソロスファンドというもので、これが、かの有名なクォンタム・ファンドの前身となるヘッジファンドになったのです。

このクォンタム・ファンドは、史上最強のヘッジファンドとも言われています。
1969年にクォンタム・ファンドに資産1万円を投資し、ジョージソロスに運用を任せれば1997年には資産3000万円以上になっているとも言わるくらいの利益をもたらした伝説のヘッジファンドだからです。

ジム・ロジャースとの別れと大きな損失

ジム・ロジャーズはクォンタム・ファンドの中でもファンダメンタルズ面を担っていて、ソロスに対してアドバイスをする立場にありました。

しかし、考え方の違いなどが起こってしまい1980年にジム・ロジャーズがクォンタム・ファンドを去ると、一人残ったジョージ・ソロスはその翌年、クォンタム・ファンド創設以来初めての大きな損失を出してしまいます。

大きな損失を出してしまったことによりクォンタム・ファンドは運用金額を4億ドルから2億ドルに縮小せざるを得ない状況になり、毎年驚異的なリターンを上げていたジョージソロスファンドもこの年の運用実績は22%のマイナスとなる程の結果となりました。

イングランド銀行を潰した男、ジョージ・ソロス

しかし、伝説の投資家ジョージソロスは、それだけでは終わりませんでした。
1992年ジョージ・ソロスの名を世界に知らしめるとてつもなく大きな出来事が起こったのです。

ジョージ・ソロスが世界的に有名となるのは、イギリスで起こったポンド危機と言われています。
歴史的にも大きな通貨危機だったポンド危機で、投資家ジョージ ソロスの力を発揮します。

「市場は常に間違っている」という考えを常に持っているジョージ・ソロスは、当時買われ過ぎて割高となっていたポンド通貨に目をつけ、狙いを定めて一気に空売りを仕掛けるという大勝負に出ました。

その額がまた桁違いで、この金融危機で100億ドル相当のポンドをショート(空売り)して売り浴びせたと言われています。

ジョージソロスのポンドの売り浴びせにイングランド銀行は対抗し、必死に買い支えを行ったものの、最終的に破れ、ポンド危機によってジョージ・ソロスは10億から20億ドルの利益を得たとまで言われており、もちろんその名は「イングランド銀行を潰した男」として世界に知られるきっかけになりました。

しかし、伝説の投資家の話はここでは終わりません。

再び巨万の富を手に

1997年、タイバーツの急落が原因でアジア全体にまで影響を与えることになったアジア通貨危機でも大きな利益を生み出しました。

ジョージ・ソロスは歴史的な金融危機であるこのアジア通貨危機でも巨額の利益を得たと言われています。

歴史に残る2つの大きな通貨危機で大きな利益を上げていることからも、本当に投資家としての才能があったのだと思います。

ジョージソロスの資産

最強の投資家と言われるジョージ ソロスに一番聞いてみたいことはやはり、どれくらいの資産をもっているのかという話でしょう。
皆さんは彼が市場から一体いくら稼いだと思いますか?

実際の正確な数値がわからないのですが、一般的に言われている金額で、ジョージソロスの個人資産は1兆3000億円と言われています。

ジョージ・ソロスの年収は2003年で約800億円、2004年が約300億円、2005年が約900億円、2006年が約1100億円とまで言われており、1100億円は日給に換算すると3億円、時給はなんと1200万円になる計算です。

ソロス個人でこの金額であることを考えると、彼の運用しているファンド全体では一体いくらになるのか計りしれませんね。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

FXブロードネットさんとタイアップ中です。
スプレッド0.3銭の人気FX業者さんとタイアップしています。

当サイトからの口座開設+入金確認で、定番の投資本『ゾーン』(3000円相当)の全員プレゼントを行っています。(口座開設や手数料は無料)

FXトレーディングシステムズ
DMM.com証券