ローソク足チャートの読み方

このエントリーをはてなブックマークに追加

FXのチャートには、バーチャート、ティックチャート、ラインチャートなど様々な種類が存在しますが、最も一般的で汎用性が高く、一つのチャートから多くの情報が読み取れるものがローソク足チャートと呼ばれるものです。

ローソク足チャートは、四角の形をした黒と白の箱の上下に棒線をつけたものが基本の形で、一つのローソクを「足」と呼びます。
日足チャートなら1日ごと、5分足チャートなら5分ごとにローソク足を作って行き、時系列に沿ってチャート化したものがローソク足チャートです。

一つのローソク足から読み取れる情報は、

の4つの情報に加えて、始値が終値を上回った場合は、白(陽線)、始値が終値を下回った場合は黒(陰線)を付けることによって、相場がどのような動きをしたのかわかるようになっています。

ローソク足の説明

画像の例は月足チャート(1ヵ月刻みでローソクを刻むローソク足チャート)です。
これが、日足チャート(1日刻みでローソクを刻むチャート)ならば、1日の始値、終値、高値、安値がわかる仕組みとなります。

高値と安値は、四角い形をしたローソクの上下に付いている棒線で表しますが、この棒線のことを「髭」(ひげ)と言い、この髭から相場がどれだけ上昇する力を持っているのかを知ることができます。

色々なチャートのパターン

チャートの説明

このように、ローソク足の大きさと髭の長さ、陰線か陽線かのローソクの色によって相場の強弱を知ることができます。

初めはチャートを読むのに時間がかかってしまうと思いますが、慣れると一目見ただけで相場がどのような状況にあるのかを理解できるようになりますので、日々色々な通貨ペアのチャートをチェックしてローソク足チャートを読むのに慣れましょう。

チャートが読めるようになれば、より詳しく相場を分析し、精度を高める為のテクニカル分析を覚えて行くと良いでしょう。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

FXブロードネットさんとタイアップ中です。
スプレッド0.3銭の人気FX業者さんとタイアップしています。

当サイトからの口座開設+入金確認で、定番の投資本『ゾーン』(3000円相当)の全員プレゼントを行っています。(口座開設や手数料は無料)

FXトレーディングシステムズ
DMM.com証券